Event

2016年5月28日(土) 14:00 の回、終演後30分間

渡山博崇さん 星の女子さん主宰 劇作家 演出家 俳優
toyama1979年9月9日
奄美大島生まれの名古屋育ち

『ハトビト』で第4回ショートストーリーなごや大賞受賞。
第4回ミノカモ学生演劇祭より実行委員長。

「月面コレクション」、「劇団イリスパンシブルティ」での活動を経て、現在、「星の女子さん」の主宰を務める。作風はブラック・メルヘンと呼ばれたり変なメルヘンと呼ばれたりするが、いたって真面目に、いささか不条理な現代のおとぎ話を書く。第4回ショートストーリーなごや大賞受賞。


2016年5月29日(日) 11:00 の回、終演後30分間

刈馬カオスさん 刈馬演劇設計社代表 劇作家 演出家
karuma1977年10月6日
名古屋市出身

『クラッシュ・ワルツ』で、第19回劇作家協会新人戯曲賞を受賞。
『モンスターとしての私』で 、第18回テアトロ新人戯曲賞佳作を受賞。
『マイ・フェイバリット・バ――――――ジン』で、第8回AAF戯曲賞最終候補。

近畿大学文芸学部芸術学科演劇・芸能専攻卒業。
16歳より演劇を始める。劇団「青年団」での俳優活動を経て、七ツ寺共同スタジオ30周年記念事業の作 ・演出を担当したのを機に、劇作活動に専念。
2003年に起動した、劇団「メガトン・ロマンチッカー」では最高観客動員1000名を記録。4年間で全16作品を発表した(短編含む)。
2009年より新プロジェクト「テラ・インコグニタ」を始動。2010年より2年間、活動名を本名の「塚田泰一郎」に改める。
谷本進(NEVER LOSE)に提供した1人芝居『36』『ドッグ・ウェーブ』は、全国各地のライブハウスを中心に数年間に渡って上演され続け、上演回数は70回を越える。
テレビ・ラジオ・他劇団への作品提供、大道芸人ショウの演出、ワークショップ講師 、芸能プロダクションの演技講師、高校演劇大会や若手劇団フェスティバルの審査員など多数。
2011年より愛知淑徳大学非常勤講師に就任。